けがをしない、病気をしないからだづくりのために、様々な日常活動が組まれています。特別専門講師による体育指導もおこなっております。
思考力・創造力を伸ばすことにも意欲的に取り組んでいます。脳細胞が活発に成長する幼児期こそ、能力開発の絶好の機会であると考えます。
よく聞き、よく考え、よくみつめる子。自分の力で考え、判断する力の養成に重点を置いています。勉強としてだけではなく、子供たちの将来の社会生活に必要となるからです。
子供たちの忍耐力や協調性は、自立した意志によって生まれます。
甘えや依存のない自立の習慣を身に付けることを学びます。
こころがゆったりと落ち着いた、情緒の安定した子供たちを育てたいと考えています。こころのゆとりが、豊かな思考力や創造性へつながり、思いやりのある子供をつくるからです。
保育内容の中に週一回、水曜日には外国人講師(英国人)による英語指導があり、また月曜日には外部より特別講師を招いて、音楽指導があります。